//

揚げワンタン

金曜日 - 04/05/2012 04:43

福建省のアモイ周辺や台湾ではワンタンを扁食(ピェンスー)というが、山東省や山西省の一部で扁食の語は餃子を指す。 逆に、広東省潮州では「餃」がワンタンを指し、魚のすり身を練り込んだ魚皮餃(潮州語: フープエギオウ)という、腰のあるワンタンも有名。

ワンタンの中に豚肉のミンチとエビを入れて、油でカリッと揚げたもの。
 

 
揚げられたワンタンはパリパリっとしてて軽く、中の餡は鶏と豚の癖の無い優しい味。 
 
中にぎっしり具が詰まった揚げワンタンに、トマトと玉葱をベースとした
ソースがかかって、西洋のような中華のような、ともかく絶妙のハーモニー。 
 
ホイアンの揚げワンタンは中国っぽいが、ソースの味と作り方が違うので、ホイアンの特殊がある。
 これがまた絶品だ。この揚げワンタンは全員が「最高に美味い!」との評価を下した一品。 
 
それでは、ホイアンの揚げワンタンの作り方を学びましょう!
この料理を作るのは比較的簡単に出来るが、気をつける点をあげると油の温度だ。低すぎると仕上がりがベチャっとなり、また高すぎると中まで火が通らないうちに皮が焦げてしまう。概ね150~160℃くらいを保って色よくカラリと揚げてやることが美味しく作るポイントだ。
 
詳しい作り方は続きに書く。


 

 キーワード: ワンタン
記事数点:10 に 2 評価
: 5 - 2
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード