//

ロンチュ祭り

金曜日 - 04/05/2012 05:56

毎年の7月15日(陰暦)に行なわれる。この祭りは新しい季節が来る時に伝染病を追い払うために各地方の村民がよく集まる所で行われる。祭りにはロンチュ像を寺院から渡し場まで送る行事もある。その後は船等を川や海に流す。

ロンチュは竜の形に倣い、作る船のことである。それは昔の大さまあるいは偉い人の使う船だ。昔の人にとって、病気は神が作る恐ろしい要素だ。だから、王様の使う船を作り、雑病を追払う。
 
ロンチュ祭りの礼拝行事は二日間続く。ロンチュ祭りは昔の人の縁起を担ぐ考えを具現する。自分で解決できないことを神様に願うという昔からの習慣である。
 
経済が発展しており、ホイアンはかつて経済発展していた港で、国際的な文化要素を吸収した。そのため、ロンチュには仏教、また、民間信仰の要素が混在している。また、ロンチュにはベトナムチャン族のお守り信仰や中国の霊魂をGiac Hai に送る説、タイ人の神様に季節の果物を供える行事、東南アジア人の神様に恩を返す信仰などが見られる。

 

記事数点:10 に 2 評価
: 5 - 2
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事