//

ドアンゴ祭り

金曜日 - 11/05/2012 23:08

ドアンゴ祭りは“虫殺し祭り”でも呼ばれ、ベトナムの大きな祭りの一つである。

ドアンゴはどういう意味でしょう?文字の通りに、テトは祭りの意味で、ドアンは始まりで、ゴは干支の七番目の動物(馬)だ。ドアンゴ祭りは虫殺し祭りとして知られ、陰暦の5月の五日に行われている。5月5日は年の半ばで、天気が変わり、春から夏に移る時期である。それで、ドアンゴ祭りは祭礼として、神様が病気や鬼などを退けることを願う意味で行われる。
 
虫殺し祭りの名前は実際のある話から始めたものである。この日は新しい季節に向け、作物の栽培を開始するために、害虫を取り除かく必要がある。そのため、生物や人間は身体や精神を健康でないとならない。ドアンゴ祭り際、家族のみんな、子どもから、年取った人まで、朝はやく起く。祭礼は午後に行われる。餃子を食べる習慣、特に餃子スープを食べる習慣は餃子は体にある異性物を綺麗に流す信念から始めた。
この日に食べれる食べ物は“banh u tro” と“com ruou”である。“banh u tro”はピラミッド形の米もちで、そとにバナナの葉っぱで包まれるケーキである。”Com ruou” は簡単に翻訳したら、”ライス酒“で、ライスをボール形にして、酒に漬ける食べ物である。米を炊き、冷やして、酵素と混ぜる。二日、三日間置いて、段々甘くなり、水分が多くなる。”Com ruou” は胃にある菌を殺す作用がある。ベトナム人は酒が虫を殺す機能があると考えている。だから、ベトナム人は大人から子どもまで、みんな“Com ruou”を食べる。また、効きがよくなるため、少し塩を入れてたべる。
 
祭りの時、人々はパゴダやビーチなど遊びに行く。それは綺麗な空気は健康や精神に良いと思われるからである。
 
今まで、旧正月の連休に加えて、ドアンゴ祭りは実用や神聖な意味ごとにベトナムの日常生活で重要な役割を果たしている。ドアンゴ祭の雰囲気を楽しんだら、実際に感じれるようになるでしょう。


 

 キーワード: ドアンゴ, 祭り
記事数点:10 に 2 評価
: 5 - 2
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事