//

盂蘭盆会: ベトナム文化の美しさ

金曜日 - 04/05/2012 05:52

毎年、七月十五日(旧暦)には、ホイアンの人を始めとして、多くのベトナム人がお寺へ来、死者のために熟心に祈っている。特に、自分の母が最長寿でありますようにと願っている。ホイアンのあるお寺では盂蘭盆会が暖かい雰囲気に行われている。なぜなら、人々は自分の両親のため、心から願っているから。

盂蘭盆会は大乗仏教の短いお経が由来している。
 
伝説によると、仏陀の大弟子の一人の神通第一の目連尊者は地獄にいる亡くなった母親が喉を枯らし
飢えていた姿を見、ので、水や食べ物を差し出し たが、ことごとく口に入る直前に炎となり、母親の口には入らなかった。目連尊者はとても苦しくて、釈尊に実情を話して方法を問うと、「毎年七月十五日(旧暦)にすべての比丘に食べ物を施せば、母親が地獄から解放できます」と 答えた。それ以来、盂蘭盆会は子供たちが父母の養育に報いる行事となった。
ベトナム人はその伝説を受け入れ、この行事は広まった。広がったのは、父母に尊敬することを表せるだけではなく、身よりのない死者を礼拝する。人は生きている間に、罪をたくさん犯したら、死ぬ時、魂は地獄で監禁される。しかし、毎年七月十五日(旧暦)に死者は生きている人に会えて、紙金・食べ物・服を受け取る。そして、生きている人は紙金を買い、食べ物を作り、死者を礼拝する。
 
両親をなくした人は自分の両親のこと思い出し、天国で幸せに暮らせるよう願う。両親がまだ生きている人なら、幸せな人である。両親を幸せにするべきでしょう。両親が遠い場所にいるなら、父母に電話するか、手紙を送ったほうが良いでしょう。幸せは日々の小さなことから来るものでしょう。
シャツにバラの花をかけるセレモニーではファップ・バオというお寺にいる人々は大切な瞬間を感じることができる。シャツにかけているバラの花は人々に両親のそばにいる気持ちにさせる。そして、子供たちは両親の苦痛と苦労を思い出す。
七月十五日の夜には人々が父母のため心から祈りを捧げ、更に自分の両親への尊敬を表す。盂蘭盆会は家族の伝統を守るのであり、ベトナム文化の大切な一部である。


 

記事数点:0 に 0 評価
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事