//

遺跡の管理広報活動にデジタルマップ導入

月曜日 - 13/08/2012 00:17

ホイアン市政府は「ホイアン遺跡の管理・広報活動にデジタルマップ導入」という研究を実施しました。この研究はホイアン文化遺産管理保存センターにより5億ドンの投資総額で実施されたものです。

同研究によると、旧市街及びホイアン周辺における400ヶ所の遺跡がビデオ、写真、文章、地理情報等の形でデータベースに情報化されています。
また旧市街の主要通りにおける50ヶ所の遺跡、観光スポットや周辺における10ヶ所の国家遺跡に対して3Dデータ情報も作成されています。また、広報の目的に、Google Mapsツールでの情報管理・更新のプロセスも立てられます。







 

記事数点:10 に 2 評価
: 5 - 2
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード