//

環境と健康のための肉を食べない日

火曜日 - 09/08/2016 23:42

現在社会に動物の代わり植物から作られる料理を食べるのは現代の人のグローバル傾向になっています。

1 an chay1
毎年、世界に7億兆の人の需要を応じするために地面に住んでいる55億兆と水上に住んでいる1000億兆の生物が殺害されます。畜産は毎年全世界の排出量の18%を排出し、通行手段の排出量(14%)と比べて、畜産は通行手段より多いです。科学者によって、肉を食べることから菜食に切り替えることは人の健康を向上、死亡割合の10%~15%を減らし、体の細胞の古くなる経過を遅くなり、高血圧症、糖尿病、リューマチ、痔などの病気になることの20%~50%を減すことに大きく貢献します。それでGhen(ベルギー),San Francisco,Philadelphia,Los Angeles,アメリカなどの世界の大きい都市は毎週の肉食べない日に関する規定を出しました。肉を食べることの被害と菜食の恩恵の前にホイアン市はホイアン人と観光客に健康と環境のために肉を食べない日(2016年8月16日)を呼応するよう促す。これは堅実なライフスタイルと環境守りを謳い、飲食習慣と健康の関連について人を喚起する意味が持つイベントです。このイベントの際、2016年8月16日、アンホイ彫刻庭に菜飲食をサービスするスタンドが行われ、ホイアン人と観光客に菜飲食の面白くこってりした気品をもたらします。生態・文化・観光の都市としてホイアンを発展する目標と共にホイアン人と観光客に健康と環境のために肉を食べない日(2016年8月16日)を呼応するよう促すのは切実で人道意味を持ち、内国と外国の観光客にホイアンのイメージを紹介するイベントです。
 

 

記事数点:5 に 1 評価
: 5 - 1
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事