//

ホイアンはイタリア通信に“極東の交差点”として高く評価されました。

火曜日 - 27/01/2015 03:06

“ホイアン、極東の交差点”というテーマがイタリアに冠たる日刊紙の観光コラムに記載されたことにより、可愛くて、静かで、古風なホアイ川沿いの小さな町として呼ばれ、ベトナムの訪問場所の一覧表に入っています。

Hoi An

この記事の作者によると、ホイアンは“ベトナム、中国、日本、ホランダとインドの文化が混在する場所です。ホイアン訪問観光客はベトナムの過去が感じられると共に“ホイアンはハノイとホーチミンの雑踏と全然違う雰囲気があるのみならず、博物館のような旧家の町並みもあるので自転車又は徒歩によるホイアンディスカバーが出来ます。”

観光客は歴史、気晴らし、人生の空想的かつ奇妙なことを探したい為ホイアンに来たと作者が肯定しました。色々な提灯で華やかに彩られる夜のホイアンに来たら、おとぎ話の世界に住んでいるような気がします。

記事の最終の内容にはUNESCOの世界文化遺産であるホイアンに行ってくださいと呼び掛けをして、朝から夜までの一日で何を食べるのか、どこで何をするのかというホイアン訪問者向けのアドバイスにつて記載されるガイドブックのような内容が記載されました。
過去数ヶ月で多くのイタリア人読者はこの観光コラムを通じて、ハノイ、ハロン湾、メコンデルタ、ムイネーなどのベトナムの各地域を訪問しました。

国の放送局であるRAIはベトナムの景勝とベトナム人についてのいくつの記事をイタリアの人達に紹介しました。イタリアにおけるベトナム観光開拓に関するセミナーは在イタリアのベトナム大使館と他のパートナーにより開催され、目的は両国の旅行会社同志が親密になると共にベトナムのイメージをイタリア人に紹介するためです。

観光総局のデーターによると、ベトナム訪問イタリア人観光客は2009年に18.980人、2010年に24.672人、2012年に31.337人、2013年に50.000以上となりました。

 しかし、ベトナム訪問外国人観光客の総数(約6百万人)と比べ、この数がまだ低いので、両国の旅行業界の協力、国のイメージ・情報を観光客に紹介するのが必要になります。

リンク: http://viaggi.repubblica.it/articolo/hoi-an-crocevia-dell-estremo-oriente/231111

情報元Vietnam+


 

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事